firefoxの不具合

5月4日にfirefoxのアドオンが使えなくなる不具合が発生しました。今日には正常になりましたが、アドオン署名のための中間証明書が期限切れという少々お粗末なものでした。

chromeに差をつけられてしまった感じのfirefoxですが、netscapeの時代から使い慣れているブラウザなので手放す気にはなれません。

debian(buster)のgoogle-chromeもプルダウンが消えたりで少々使いづらいです。

四葉

駅前の種屋にキュウリとトマトの苗を買いに行ったら四葉の接木苗が売ってあったので買って来ました。

一昨年は夏すずみを育てました。育てやすくて一杯実がなったのですが、トゲ無しで少々物足りなかったです。

四葉はかなり前に挑戦したのですが、ほとんど実がなりませんでした。こんどはうまく育てたいです。

トマトは大玉の実根の苗を買いました。肥料や水は少なめの方が良いようです。

令和元年

新しい天皇陛下が即位され、元号が令和となりました。

予想どおりテレビは皇室報道一色となりましたが、喪中だった平成元年と比べて明るい雰囲気で良かったです。

ただ代替わりに伴って各界で世代交代が進み、世の中に変化が起こるのではと思っています。今後20年くらいは不安定な世相となるのかも知れません。

ナス

4月19日にナス(千両二号)の接木苗を買ってきて、バケツの土に植え付けました。

苗はひょろっとしていて、用土も手抜きの上、3年ほど前トマトが植わっていたので少々不安でしたが元気に育っています。

今年も液肥だけで、仕立て方は2本仕立てにしようと思っています。

にわか雨

GW前には寒の戻りが多いのですが、今年は特に強烈で北日本では雪が降るようです。こちらも午後からにわか雨が降り出しました。

山茶花の剪定もほぼ終わり、残りはまだ花が咲いているオトメツバキです。ソラマメにアブラムシが沢山ついたので水をかけておきました。

沈丁花の挿し木

以前は白い沈丁花が庭に3株植わっていたのですが、今では1株だけになってしまいました。

もう1株増やしたいので沈丁花の挿し木に挑戦しました。去年もやったけど失敗してしまいました。

去年伸びた枝を15cmほどで切り、切り出しで斜めにもう一回切って1時間水を吸わせ、切り口にルートンを付けて赤玉土の入ったポットに挿しておきました。

今の所枯れていませんが、うまく行くかどうか分かりません。とりあえず萎れた葉は切り取るようにしています。

高橋留美子劇場「きみはNo.1」

「ビックコミックオリジナル」2019年5月5日号に掲載。昨日発売されていましたので購入しました。

サラリーマン失格でデトックスサービスの相談係に 転職した堤さん。家族を疑う気難しい老人の相手で大変です。

美女に恋するダメ男のパターンはいつもと同じですが、微妙に展開が読めなくて結構楽しめました。

ヒロインの映子さんが綺麗です。性格に少々難がありますが(笑)。高橋留美子さんの描く大人の女性はいつも素敵だと思います。

この夏に「高橋留美子劇場」の単行本が発売予定です。このシリーズは読み落としている話もあるので、一回通しで読んでみたいです。

過ぎゆく昭和

今月11日に「ルパン三世」の原作者であるモンキー・パンチ氏が亡くなり。17日には「子連れ狼」の原作者の小池一夫氏が亡くなりました。

「ルパン三世」はアニメの第一シリーズしか知らないのですが楽しみに見ていました。

小池一夫氏は劇画村塾を開設し高橋留美子さんら多くのクリエイターを育てました。

「ビックコミックスピリッツ」で「傷追い人」と『めぞん一刻」が師弟で共演していたのも懐かしいです。


ノートルダム大聖堂炎上

パリ発祥の地シテ島にあり、「ノートルダム・ド・パリ」(ノートルダムの鐘)の舞台でもある、ノートルダム大聖堂で15日夕火災があり、尖塔と屋根が崩落してしまいました。有名なステンドグラスも破壊されてしまいました。

改修中の文化財の火事といえば法隆寺金堂の壁画が思い出されます。今後修復が行われると思いますが、失われたものは二度とよみがえりません。

まさに世界人類の遺産だった同寺院の焼失はとても悲しいです。このような事が二度と起こらないよう願うばかりです。

山茶花の剪定

金木犀の剪定が終わったので山茶花と椿の剪定に取り掛かっています。

一番上から7割ぐらいの高さ(一番高い枝を残しておくと目安がつきやすい)でバサッと切ってから、いらない枝を間引いていっています。

細かい枝が多い上に、毒蛾の卵がよく見つかるので、ビニール袋をはめて剪定していますが大変です。枝の代わりに自分の小指を切ってしまいました。(; 😉